読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活生がチェックすべきニュース

就活生や面接官、社会人の方々にチェックしていただきたい今日のニュースをアップします。

LINE 日米同時上場

LINEが株式上場をするというニュースが流れてきた。

しかも、日本だけでなく、ニューヨークにも上場するとのこと。

果たして、その目的とは何でしょうか。

 

 

LINEとは、

 

もはや説明するまでもないでしょう。

人々のコミュニケーションツールとして、

多くの方が利用し、日本では圧倒的なシェアを誇ります。

 

そんなLINEが株式を上場するのです。

 

株式を上場するとは、どういうことでしょうか?

株式公開とも呼ばれます。

株式公開(かぶしきこうかい)とは、未上場会社の株式を証券市場(株式市場)において売買可能にすること。株式を(公募や売出しによって)新規に公開することから新規公開、IPO (initial public offering) とも呼ばれる。

(Wikipediaより引用)

 

実はLINEは、昨年にも上場するのでは?という話題が出ていましたが、一度頓挫しているのです。

 

そして、今年、

いよいよ上場することが決まりました。

 

ここで、株式上場のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

メリット

資金調達が容易になる

知名度が上がる

信用度が増す

などなど

 

デメリット

株式価値が市場で評価され、経営者の意向が100%反映されるとは限らない

敵対的買収の対象となる恐れがある

などなど

 

 

やはり、上場することによるメリットデメリットはあるようです。

 

そんな、株式の上場。

上場時には多くの資金を集められるとされていますが、

今回のLINEは上場によっていくら集めることになるのでしょうか。

 

その規模は、1320億円。

 

 

こんなにお金を集めて何をしようというのでしょうか?

 

以下の通りの資金使途

 

サーバー等に対する設備投資

資金の返済

M&A

 

これから、さらなる株式価値及び企業価値の向上を図るようですね。

 

 

すでに日本の市場において、抜群の認知度を誇るLINEですが、今後の展望はどのようなものなのでしょうか。

 

我々ユーザーとしては、

さらなる利便性の向上に期待したいものです。

 

 

以上、LINEの上場について考えてみました。